自分から相手を認めることが人間関係を円滑にするポイントです

 

この世界には、色々な人が存在します。そして、人は一人として同じ人は存在しないです。私は、他人から認められなくて辛い思いをしたことがあります。

 

仕事において、一番大事なことは他人を認めることです。

 

仕事は、一人では出来ません。そのため、人が得意な分野で力を発揮出来る環境作りが仕事において大事になります。業績が良い会社は、それぞれが自分の力を発揮出来る環境になっています。

 

では、それぞれが自分の力を発揮出来る環境を作るうえで一番大事なことはなんでしょうか?

 

私は、他人を尊敬することが大切だと考えます。ここで言う尊敬とは、相手のありのままを認めることです。そうすることにより、相手からも尊敬を得られ相手と良い人間関係を築けるようになります。

 

そして、相手のありのままを認めることでその人の実力が発揮できる仕事が解ります。そして、その人が得意な仕事で実力を発揮してもらえることで仕事の能率が上がります。

 

そして、仕事の能率が上がり仕事に余裕が出来ることで相手と余裕を持った人間関係を築けます。

 

余裕があれば、人を認める余裕が生まれます。これが、職場における人間関係を円滑に築くためには重要なことです。

 

しかし、多くの職場ではこのような人間関係が築けないのは何でしょうか?それは、他人に自分と同じ仕事を求めるからです。

 

ですが、人が総て同じ力量の仕事をするのは不可能です。

 

そのため、人間世界では作業の分業化が図られました。人は、とても弱い生き物です。そのため、生きるためには他人の協力が必要不可欠です。

 

例えば、太古の人類は狩猟を行う場合、力のないものは狩猟には役に立ちません。

 

しかし、その人が、狩猟に便利な道具を作れたとすれば狩猟は効率的に行われます。このように、人は得意なことと不得意なことを補いながら仕事という人間関係を築いてきたのです。

 

そのため、常に他人を認めることは生きるうえで大切なことでした。

 

しかし、他人をそのまま認めることが出来なくなって来ています。そのため、多くの会社が職場が崩壊して業績が下がっています。

 

では、この悪循環から脱出するためにはどうしたらいいでしょうか?これは、簡単です。まずは、自分が他人を認めることです。

 

何故なら、他人に自分を認めさせることは自分を認めさせることは大変ですが、自分が他人を認めることは簡単です。そして、自分を他人を認めることで他人もまた自分を認めてくれます。

 

そしてここで、一番大事なことは他人をそのまま認めることに何も求めないことです。他人が自分を認めてくれなくても自分は他人を認める姿勢を忘れないことが大事です。